若かりしあのころを思い出して・・・。


利用者さんが若かりし頃の歌を、

皆さんの頭の中から引き出して歌う

長谷川先生の歌の時間です。


歌のしりとり、替え歌を歌いました。


「と~しの初めのためしとて、終わりなき世の楽しさよ

松竹でんぐり返して 大騒ぎ、あ~との始末は

誰がする。」

スタッフはこの替え歌は知りませんでしたが、

利用者さんはほとんどご存じで、皆さん歌っていました。

その後紙芝居の話とかその時代の話がいろいろ出てきました。

いつも退屈そうにしている人も今日は生き生きしていて、

あまり笑わない人も大笑いしていました。

あの時代、あの頃の話や歌は皆さんの心や顔を

生き生きと輝かせていました。